新築マンションへの引越しをアートに依頼しました

 

対応がとても丁寧なのにテキパキしていて、時間も予定よりも早く終わってもらうことができました。

 

新築のマンションへの引越しだったので、靴下をわざわざキレイなものに履き替えてくれたのは嬉しかったです。

 

引越しは3人で対応してくれましたが、役割もきちんと分担されていて、時間に無駄のないように全員がテキパキと動いていたのが好印象でした。

 

段ボールの運び場所などその都度聞いてくれて、こちらで運び直す必要がなかったのでよかったです。

 

テーブルなど少し組み立てないといけないものがあったのですが、快く手伝ってくれたので助かりました。

 

アート引越センターの評判と金額ってどうよ?

後日段ボールの回収だけに来てもらった時もとても丁寧でさすがだなだと思いました。

 

安心して任せられるので、次回引越しする機会がえれば、またアート引越しセンターにお願いします。

 

箱詰めの際に少しでも要らないものは潔く処分してしまうことが引越しを楽にするのだと思います。

 

なかなか整理できる機会もないので、使っていないものはキッパリと処分して、新しいところには本当に必要なものだけを持っていかないと、新居でもなかなか片付かなかったです。

 

お皿を割れないように紙でくるみますが、新聞紙だとお皿にインクがついてしまうので、引越し業者から渡される梱包の紙をちゃんと使うべきだなと思いました。

 

箱詰めしたものは、中には何が入っているのかをできるだけ細かく書いておいた方が引越してからすぐ必要なものがでてきたときでも探しやすいので、できるだけ詳細にしてわかるようにしておいた方がいいと思います。

 

アート利用者による引越しアドバイス集

※随時更新予定です※

 

Tさん(アートで海外引っ越し)

 

アート引越センターの評判と金額ってどうよ?

アート引越センターで海外引越しを行った。

 

海外引越しに関しては、行先にもよるが、現地で捨てられるものも多いので、枠が許す限り送る。

 

逆に日本に帰国する時は、極力捨てる。

 

サイズが合わなかったり、生活様式の違いで使えない場合が多く、捨てるのにも困るため。

 

トランクルームの預け入れは、業者にもよると思うが、我が家の場合は、保管状態が悪く、特に移動の際に、かなり傷が入っていたのでお勧めしない。

 

今回、3社の見積もりをとったが、口コミだけでなく、会社や担当者との相性も非常に重要。

 

サービスももちろん大事だが、実際にお願いする際に、気持ちよく引き受けてくれそうかどうか、機転が利きそうかどうかは、見積もりである程度判断できる。

 

海外引越しは大仕事なので、少しでも気持ちよく作業を進めるために、依頼しやすい業者を選ぶことをお勧めする。

 

Nさん(アートでファミリー引越し)

どこまで自分でやるのか、どこまで任せるのかをしっかり家族で決めてすることが大事だと思った。

 

子供がいる場合は仕方ないけれど、大人が2人以上いる場合はきちんと予定を組んで話し合うことが大切。

 

家族が複数の場合、誰かに任せっきりになるとあとで「話が違う」ということが多々おきる。
(新居でのハウスクリーニングを業社お願いしていたが、水周りの清掃具合が十分でなかった。見積もりも全て家族に任せていた)

 

なるべく燃えるごみの日に引越しはしたほうがいい。
(絶対ごみが出るので)

 

水周りの備品(せっけん箱、お風呂のイスや桶)は引越しの際に思い切って捨てていく。

 

見落としがちだけど、旧家と新家で同じものが使えない可能性が大なのはカーテンなので注意すべし。

 

更新履歴